古布コラージュ「和色 ― 柿渋色」

目黒エリア情報紙ターミナル秋号の裏表紙を担当しました。
http://www.terminal-jp.com/

柿は日本人にとっては身近な果物だが、甘柿も渋柿も、
青柿のうちは「カキタンニン」のためどちらも渋柿。
この青柿を絞って液にしたのが柿渋液で、酸化すると柿渋色になる。
防腐効果があるので家屋に塗ったり、水をはじく性質を利用して、
カサや漁師のアミなどに塗り、ビニールコーティング的にも利用されてきた。
山野で修行する山伏の装束にも使われていたのだとか。黒・緑・茶色の縦じまの歌舞伎の引き幕。
「定式幕」は粋で、いかにも歌舞伎らしい色の取り合わせだが、緑が萌黄色、
そして、あの茶色が柿渋色。歌舞伎座で、ぜひご覧ください。

古布コラージュ・アーティスト 住川 信子 http://www.sumikawa-nobuko.com/