古布コラージュ「和色―翡翠色」

目黒エリア情報紙ターミナル春号の裏表紙を担当しました。

情報紙ターミナル

古布コラージュ「和色―翡翠色」

翡翠は古くは中国、インド、インカでも人気が高い宝石で、
「玉」と呼ばれ珍重されてきた。色名としても古く室町時代には使われていたとか。
翡翠の「宝石言葉」は不老不死、生命の再生、若返りなどなので、
腕輪など身につける装飾品が多いのも納得できる。
翡翠色の布を身につける事でパワーアップにつながるかも…。
「翡翠」は「カワセミ」とも読み、「翡」はオス、「翠」はメスを表すので、
「翡翠」でカップルとなる。清流に住む幸せの「青い鳥」の色といえば、
何か良い予感がする色だが、ちなみに「翡翠」は日本の国石でもある。

古布コラージュ・アーティスト
住川 信子