古布コラージュ「和色―江戸紫」

目黒エリア情報紙ターミナル秋号の裏表紙を担当しました。
http://www.terminal-jp.com/

古布コラージュ「和色―江戸紫」

ひと言で紫と言っても色々な紫色がある。
赤味を帯びた紫色は「京紫」と言われ雅な印象、
それに対して青味を帯びた紫色は「江戸紫」と呼ばれ、
キリッとした粋なイメージがあり、
歌舞伎でお馴染み助六の鉢巻の色に使われるなど、
江戸の人々に好まれた。

本来、紫の染料となる紫根には解毒作用があり、
紫根で染めた鉢巻を頭に巻くと病状を和らげる効果があると
言われてきたが、病鉢巻は通常頭の左側で結ぶ。

しかし、江戸の花形ヒーロー助六は病鉢巻を
あえて頭の右(向かって左)で結び、活気・元気・心意気を表現。

まさに傾き者のシャレだが、「江戸紫」は
粋とシャレを好む江戸っ子気質を表す色、
洋風にコラージュしてもシャレている。

古布コラージュ・アーティスト
住川 信子

 

69